女性の保険

女性保険で主に保障される女性特有の病気は、乳房の良性新生物や悪性新生物、上皮内新生物、乳房の疾患や障害、妊娠中毒症や帝王切開出産などの妊娠や分娩に伴う合併症、卵巣のう腫などの卵巣の疾患や障害、関節リウマチ、子宮筋腫や子宮ガンなどの子宮の疾患や障害、などがあります。

女性保険に加入するときに注意しなければいけない点としては、美容整形の手術や処置、人間ドック、正常分娩は、女性保険では保障対象外になるということと、 妊娠中や出産した後の一定期間は、女性保険に限らず、保険に加入できない場合が多いということです。

女性保険では、がんの保障は一般的な保障の範囲に含まれていますので、女性保険の他にがん保険などに加入していると、保障が2重になってしまうことがあります。本当に2重の保障が必要かどうか、どちらが自分にとってより大切な保障がついているかをよく検討したほうが良いでしょう。

女性保険に限りませんが、積立ボーナスや無事故給付金などがついていると、そういった給付金がついてない場合に比べると、保険料が高くなります。保険料をなるべく安くして女性保険に加入したいのなら、積み立てボーナスや無事故給付金のついていないものを選ぶと良いでしょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101018594

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。