留学保険その2

海外留学の中で、大学数が世界的に多い国アメリカに留学を考える人も多いでしょう。日本が約1200校なのに対して、アメリカには約4000校もの大学があり、スポーツ留学や芸術留学など、留学のスタイルにもさまざまな選択肢があります。

アメリカに留学とひとくちに言っても、アメリカはとても広い国です。どの都市に留学するかにもよって、治安状態などはかなり変わってくるでしょう。アメリカでは全家庭の約3分の1で銃が所持されているといいます。最近は日本でも銃を使った事件は増えてきていますが、その件数は日本では数十件単位なのに対して、アメリカでは数万件単位とかなり桁違いな発生件数となっています。

ニューヨークでは、ここ数年は犯罪件数自体は減少してきていますが、それでも犯罪件数は東京の約20倍ととても多くなっているので、留学の前に留学保険に加入するといいでしょう。アメリカは殺人事件や強盗などの凶悪犯罪もおきているので、治安の悪い地区には近づかないほうが良いでしょう。観光客を狙ったスリや置き引きなども多発しているので、外出する際は警戒するようにして下さい。

ロサンゼルスでは、犯罪発生件数はここ数年増加していて、治安は悪化してきています。日没後の外出や、人通りの少ない場所などは避けたほうが良いでしょう。観光名所やレストラン、ホテルなどでは、スリなどの被害に合わないように注意しましょう。留学保険では、スリなどの盗難、スポーツなどでのケガもカバーできるので、海外旅行保険よりも、留学保険をお勧めします。 

コンバース♪オールスターキャンバスロー
アップルランド
アルマーニレストラン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108608581

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。