自動車保険の基礎

交通事故を起こしたときの被害者救済と加害者側の金銭負担を援助するのが自動車保険サービスです。被害者側の車の修理費、医療費、さらにそのほか財物などの損害などと加害者側が賠償する金額は相当なものです。
自動車保険には主に二つの種類があります。任意保険と呼ばれるものと自賠責保険と呼ばれるものです。自賠責保険に関する解説は必要ないでしょう。こちらの保険は車を所有する上で必ず入らなくてはならない保険になります。しかし、そのカバーするエリアは非常に狭いものになっています。そこで自賠責ではカバーしきれない部分をカバーするのが任意保険と呼ばれている自動車保険なのです。
さらにその任意保険もさらに細かく4つに分類できます。
1,対人賠償保険
2,対物賠償保険
3,人身傷害保険
4,車両保険
上から被害者に対しての対人賠償保険、被害者の車・財物に対しての対物賠償保険、自身の乗っている車の同乗者に対しての人身傷害保険、自分の車の修理費用などを援助してくれる車両保険となっています。
これらを組み合わせておくことで万一の時に安心できる保険内容にすることができます。今では細かい部分にまで自分に合わせて設定できるような保険商品も出ているので是非、自分に合った保険を探してみると良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。