自動車保険と車保険の違い

車保険とは最近になって登場してきた自動車保険のことです。おもに元々あった保険との区別をするためにこういった呼ばれ方がされています。特に車保険の特徴は金融ビックバン以降に出てきた自動車保険で保険の内容が細かくなっていることが多いのが特徴でしょう。
最近よく見かけるのがリスク細分型自動車保険です。契約者の年齢、居住地、車種、目的を基準に保険料が設定されるのでコスト的に安くすることができます。ただし、保険対象になるものとならないものなど良く理解して納得の上で加入するようにしないと思わぬトラブルにもつながります。
また、補償拡大型自動車保険というものもあります。これは従来の自動車保険が相手に対しての補償がメインでした。つまり自分の補償は相手にしてもらう形だったのですが、この補償拡大型保険では相手の過失の有無を問わず保険金を支払われるシステムです。
さらには積み立てになっていて保険の加入期間の間に無事故であれば保険料の一部がキャッシュバックされるようなものまで出ています。
これらの新しい保険商品は今までの保険商品とはまた若干ちがったシステムになっている場合もあるので良く内容を理解して加入しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59096316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。