自動車保険、本当に事故を起こしたときはどうするか

自動車保険に入っているとしても実際に事故を起こしてしまったとしたら落ち着いて行動できるでしょうか?
また、事故の状況などもちゃんと覚えておかないと状況説明で過失割合が変わってしまうことにもなるでしょう。落ち着いて状況を把握し的確な行動をとれるように努力しましょう。
事故を起こしてしまったらまずは人命を第一に考えてください。破損した車などはあとで何とかすることはできます。しかし、失われてしまった命はもう戻らないのです。当然、車のように大きく質量のあるものが引き起こした事故ですから被害者は命に関わるけがをしている可能性が非常に高いでしょう。当然ですがまずすることは119番通報です。警察が車での間は現場をそのままにしておくのが理想ですが追突の危険がある場合などはそれが一番とは限りません。その場合は適切に続発事故の防止にも努めましょう。
もちろんですが、警察や救急に連絡するだけではなく保険会社にも連絡を入れておいた方が良いでしょう。後々、混乱することなく処理ができるようにするためにきちんとした状況を伝えておくことも必要です。(これは保険を使用するしないにかかわらずと言うことです。)
忘れてしまっているかも知れませんが、救命に関することはすでに自動車学校で習っているはずです。的確な処理で被害者ともきちんとした話し合いができるよう努力しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。