死亡保険

死亡保険の中でもいくつかの種類があります。その中でも一般的なのが掛け捨て保険などとも呼ばれている定期保険と言うタイプです。そのほか貯蓄性のある終身保険、定期保険と終身保険が特定の条件でバランス良く配置されているもの、がいくつかあります。しかし終身保険はある意味で機動性が悪くインフレへの適正などが悪いためにメリットを生かし切れない部分があります。ほかにもファンドで保険料の運用をする変額保険、保険料の一部が耳立てになり満期時に受け取れる養老保険などいくつか新しい保険のタイプが出てきました。しかし、基本となるのはやはり定期保険でしょう。
定期保険は期間中に死亡した場合にのみ保険金が下りる仕組みです。保険料は年齢が上がるほど高くなりますが保険金額あたりの掛け金は少なくなります。気になるのはどんなに高い保険料だったとしても掛け捨てになってしまう点でしょうが、これは安心を買うものだと思って割り切るべきでしょう。
一方で死亡保障がいつ死亡しても下りる、つまり満期以降でも保険金が受け取れるのが終身保険と呼ばれるタイプです。さらに解約すると解約返還金があります。しかしその分保険料が割高に設定されています。また、長期契約になるためにインフレへの対応ができず現在のままでは予定利率が低いので貯蓄性もあまり期待できません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。