失業保険

今は「雇用保険」と呼ばれていますが,昔はこの雇用保険の事を失業保険,と呼んでいました。
そして,今ではこの雇用保険のの基本手当ての事を,一般的には『失業保険』と呼んでいます。
この失業保険の給付を受ける条件とはどのようなものでしょうか。この失業保険(雇用保険)
の被保険者期間が6ケ月以上あって,今現在,失業状態であれば,職についていた時の給与に
応じた雇用保険の保険金,つまり失業保険が給付されることになります。
この失業保険の給付の際にもらえる金額とは,一般的に前職の給与の50%〜80%が給付
されるようです。
この雇用保険によって失業保険金給付を受ける条件として,『職に就く意志があり健康状態にも
問題はなく,現在職を探してはいるがまだ職についていない者』という条件があるのです。
つまり,会社を辞めてからこの失業保険の給付を受けたい場合には,まず所定の場所にて
職探しをしているという証明書が必要となるわけです。
また,この雇用保険によって支給される失業保険の額には,前の職の離職理由や色々な理由に
よって変わってきます。
この失業保険金は,会社の都合によって退職した場合でも自己都合の場合でも給付される
事にはなっていますが,自己都合の場合は失業保険金が支給されるまでに時間がかかります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。