医療保険

医療保険という保険は,病気や怪我などをした時や,入院をした時など,万が一の事があった時
に,保障してくれる保険のことを医療保険と呼んでいます。この医療保険に加入し被保険者と
なると,所定の手術を受けることになったり,ある日数以上の入院をすることになった場合に,
医療保険によって給付金を受け取ることができるようになっています。
また,手術の種類によっては医療保険の入院給付金の日額の10倍〜40倍の手術給付金が
支払われることもあります。またこの医療保険の保険の契約期間中に,被保険者にもしもの事が
あった場合には,死亡保険金というものが支給されます。さらに,医療保険を使えば,入院給付
金や,手術給付金はもちろん,通院給付金や療養給付金も支給されることになるので,もしもの
怪我や病気の際に非常に心強い味方となってくれるものが医療保険です。
しかし,医療保険は基本的には死亡に対する保障は薄いことが多いので,会社によっては
死亡保障がない医療保険もありますので,基本的に医療保険とは,生存中の万が一に備えた保険
だといわれています。
このような医療保険は,普段健康な時には無駄な出費と思われがちですが,いざというときに
加入しているのと加入していないのとでは出費が変わってくるものなので万一に備えておくと
良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。