留学保険

留学保険・駐在員保険 とは、海外旅行保険ではカバーしきれない「アパート、マンションの家主への賠償責任」や、「住宅内の家財などの盗難・破損」、家族の死亡や危篤による「一時帰国費用」などの補償にも対応する保険です。保険期間は最長で1年までです。インタ−ネットからでもすぐに契約することができるものもあります。

留学する間を安心して過ごすためには、海外留学保険への加入がとても大切です。なぜかというと、海外での医療費は日本の医療費よりも高く、たとえ風邪をひいて病院を受診しただけでも、予期せぬ出費を強いられることになってしまいます。海外での事故や病気、日常のトラブルなどの万が一の備えが海外留学保険なのです。

海外留学保険では、具体的にどういったときに保険金が支払われるのかというと、病気や交通事故などでケガをしたときの治療費、入院費、緊急移送費、治療に必要な交通費や通訳雇入費用などのほか、家族などの救援者の渡航、宿泊費用も対象になります。また、他人のものを壊してしまったりという法律上の賠償責任を負った場合や、盗難や事故により自分の所持品が損害を受けたときには、各保険会社の定める範囲内で時価補償を受けることができます。

海外留学保険では、もしも留学先で病院を受診する場合に、提携の病院であればその場でお金を払わなくても良い「キャッシュレスメディカルサービス」や、病院に受診するかどうかを迷っているときに、その応急処置などのアドバイスをしてくれる「ドクターホットライン」などのサービスがついているものもあります。こういったサービスや特約などもよく確認して、自分に合った留学保険を選ぶと良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96797695

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。