自動車保険の見積

車を運転する人なら誰もが加入する事になるであろう,自動車保険。自動車保険は,1998年の
保険の自由化以降に劇的に変わったのです。それまでは,自動車保険は,どこの会社でも,
条件が同じであれば保険料は同じでした。そのため,自動車保険の満期が来たら,ほぼ同じ会社
での更新となっていました。
しかし,自由化によって同じ条件であっても,会社によって自動車保険の保険料や保障が全然
違う今は,賢く自動車保険の見積をして,各社の自動車保険を比較することがとても大事なの
です。各社の自動車保険の見積を取ってそれを比べることで,本当に自分に合った自動車保険
を選ぶことができるからです。
自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます。自動車保険の見積を
するときに,必要なものは免許証,そして車検証,今現在加入している自動車保険の保険証券
です。
自動車保険の見積は,車の車種や年式,走行距離によっても変わってくることとなります。
また,自動車保険という保険には色々な割引きがあり,安全装置がついているか
ついていないかによる割引きなどがあります。例えばABSが搭載されている車は5%の
割引きで,エアバッグが装備されている車は10%の割引きになったりするわけです。
このように,様々な車のスペックによって,自動車保険の見積が違ってくることとなります。

自動車保険の比較

自動車保険に限らず,保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,どの商品を
選べば良いのか,どの会社を選べば良いのかなどがわからなくなりがちです。
そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,自動車保険の様々な会社の商品の比較が
重要となってきます。
自動車保険を比較することによって,自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。
最近では,自動車保険の比較はインターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。
車検証などを目の前に置いて,簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。
自動車保険の比較のポイントは,自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,
保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)をしっかりと見ることです。
また,自動車保険では,事故にあった場合などのサービスやフォロー,無料ロードサービスが
ついているのかなども重要となってきます。
自動車保険の比較をする時には,これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。
また,比較的安い保険会社も存在しますので,安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も
安くなるということになります。

自賠責保険

自動車保険には2種類の保険があります。加入することが任意になっている「任意保険」と,
全ての自動車を運転する人が必ず加入しなければならない,加入することが義務づけられている
強制保険と呼ばれる保険です。この強制保険のことを,「自賠責保険」といいます。
自賠責保険という自動車保険は,正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。
この自賠責保険という自動車保険は,「交通事故の被害者が泣き寝入りをすることなく,
最低限の補償を受けることができるように」と国が始めた保険制度のことで,自賠責保険は,
公道を走る,全ての車やバイクに加入が義務付けられている自動車保険です。
しかし,この自賠責保険という自動車保険は最低限の補償を目的とした自動車保険なのです。
そのため,自賠責保険の補償内容には限度があるのです。例えば,万が一事故を起こして
しまった場合に,この自賠責保険で補償してくれるのは,相手の人が怪我をした場合や死亡
した場合のみとなるのです。しかも,この自賠責保険の補償額は限度額が設定されているので
あまり大きな補償は期待できません。そのため,万が一の時に自分や同乗者を補償してくれる
任意保険が必要となってくるのです。

『自動車保険』

自動車に関する保険のことを,「自動車保険」といいます。この自動車保険とは『自賠責保険』
と『自動車保険』の2種類をまとめた総称のことです。
前者の自動車保険,自賠責保険とは誰もが加入しなければならないと加入を義務づけられている
自動車保険です。自動車を運転する人であれば,必ず全てのひとが加入しなければいけない
自動車保険で,強制保険とも呼ばれているものです。
後者の自動車保険についてですが,これは別名『任意保険』と呼ばれていてこの自動車保険の
加入は本人の自由となっています。しかしながら,この任意保険という自動車保険に加入を
しておいたほうが良いと言われています。
なぜならば,自賠責の自動車保険でも勿論,死亡金などは支給される事になります。
しかしこの自賠責の自動車保険でカバーできる額は限られているためあまりその補償を期待する
ことができないのです。そのため,任意の自動車保険に加入する方が安心と言われています。
任意の自動車保険は4種類の保険からなっています。
人に対する賠償の『対人賠償保険』,物に対する賠償の『対物賠償保険』,
同乗していた人に対しての『人身傷害補償保険』,自車に対する『車両保険』があります

自動車保険を乗り換える

どんどん新しい保険サービスが出てきて新しいものに変えたいと思うかも知れません。そこでもう一度、契約内容を見直すと言うことも必要になってくるでしょう。
インターネットで自動車保険の一括見積もりサービスを使用して今、どのくらいの条件が出されるのかをチェックしておきましょう。その上で改めて今加入している自動車保険の会社に連絡し、交渉してみるのも一つの手段です。場合によっては今より良い条件が提示される場合もあるかも知れません。
特に自動車保険の中でもロードサービスが付いているかいないかで大きく条件が変わってくるでしょう。また、セットのため十分な内容のロードサービスを受けられない場合はJAFなどで対応するのですが、その場合も実は裏技があります。実はクレジットカードの中にロードサービスが受けられるものがあるのです。これを利用することでかなり節約になる場合もあります。
JAFでは代車が優良なのですがクレジットカードのロードサービスでは実はこれが無料なところもいくつかあるのです。特に、今ならETCカードのなかにセットでロードサービスが受けられるものがあるようです。こういったものを利用するだけでも節約ができるでしょう。

自動車保険、本当に事故を起こしたときはどうするか

自動車保険に入っているとしても実際に事故を起こしてしまったとしたら落ち着いて行動できるでしょうか?
また、事故の状況などもちゃんと覚えておかないと状況説明で過失割合が変わってしまうことにもなるでしょう。落ち着いて状況を把握し的確な行動をとれるように努力しましょう。
事故を起こしてしまったらまずは人命を第一に考えてください。破損した車などはあとで何とかすることはできます。しかし、失われてしまった命はもう戻らないのです。当然、車のように大きく質量のあるものが引き起こした事故ですから被害者は命に関わるけがをしている可能性が非常に高いでしょう。当然ですがまずすることは119番通報です。警察が車での間は現場をそのままにしておくのが理想ですが追突の危険がある場合などはそれが一番とは限りません。その場合は適切に続発事故の防止にも努めましょう。
もちろんですが、警察や救急に連絡するだけではなく保険会社にも連絡を入れておいた方が良いでしょう。後々、混乱することなく処理ができるようにするためにきちんとした状況を伝えておくことも必要です。(これは保険を使用するしないにかかわらずと言うことです。)
忘れてしまっているかも知れませんが、救命に関することはすでに自動車学校で習っているはずです。的確な処理で被害者ともきちんとした話し合いができるよう努力しましょう。

自動車保険はどこで加入するか

自動車保険で一番大切なのはサービス、対応の早さや丁寧さなどです。保険料はもちろん安い方が良いですが、実際に事故を起こしたときのことを考えて内容のそろっているものを選びましょう。
そう考えると、身近に信頼できる保険会社に勤めている方や代理店などの方がいるのならばその方に依頼するのが最も良いでしょう。
直接申し込む方法と代理店を経由する方法の二つがあります。代理店経由をするより直接申し込んだ方が安いと言うのが貞節です。もしも、自動車保険の知識が全くない状態で直接申し込んでしまうと保険料が安くなったとしても事故を起こしたときの対応が不十分で最終的に負担が自分にかかってしまうことがあります。
代理店を通すと保険料は高くなってしまいます。しかしそのぶん安心を得られる場合が多いようです。一般的に代理店の方だと様々なケースに対応した保険を提案したりと言ったことをしてくれる場合もあり。逆に最終的にはお得になることもあるのです。
最も良いのはやはり自分で自動車保険のことを調べて自分の力でベストな保険はどれかを選ぶのが一番良いのかも知れません。もちろん、この場合も誰かのアドバイスがもらえるのならもらっておくべきでしょう。

自動車保険契約のミソ

年齢などで条件をつけて自動車保険の保険料を安めに設定することができます。当然ですが、年齢が条件に達していない人が運転した場合には保険が適応されなくなります。自動車を使用する人が誰なのかを確認しておかなくてはなりません。
もちろんですが、年齢条件付きの保険を使用しているのならその事を家族には伝えておくべきです。万が一、代わりに子供が運転してしまった場合などで事故を起こしてしまったら一大事になってしまいます。
当然ですが、友人や家族など頻繁にいろいろな人が乗ることが分かっている車なら自動車保険の年齢条件はつけない方が妥当です。
それ以外にも自動車保険には年齢ではなく家族に限定することで保険料を抑えることもできる特約があります。家族限定特約と呼ばれているものですが、これをすると家族以外の人間が運転中に事故を起こしてしまった場合には保険金は支払われません。誰がその自動車を使用することになるのかをちゃんと把握しておきましょう。
さらに、家族の中で原動機付き自転車を使う人がいるのならファミリーバイク特約もチェックしておいた方が良いでしょう。この場合に注意するのはファミリーバイク特約では原動機付き自転車での事故でも適応されないケースなどが無いかどうかちゃんと確認しておきましょう。

自動車保険の変更

当然ですが自動車を買い換えた場合はすぐに保険会社に連絡して車両入れ替えの手続きをしましょう。もしも車両入れ替え手続きを忘れてしまうと新しい自動車は保険に入っていない状態になってしまいますので当然ですが、事故をおこしても保険金はおりません。そうなってくると非常に困ってしまうのは貴方自身です。
自動車の販売店で車両入れ替え手続きを代行してくれる場合もあるようです。代行してもらう場合は車両入れ替え手続きが完了したかどうか必ず確認してもらう事を忘れないでください。また、車両保険にも入っている場合は新しい車と前に乗っていた車で事情が変わってしまい保険料が変わってくる場合もあります。
車が変わったとき以外にも年齢条件は家族限定特約と言ったものを変更したりして自動車保険の変更することあるでしょう。とくに自動車の使用者を限定して保険料を抑えているのであれば十分注意しておく必要があるでしょう。子供が新しく免許を取得したので子供にも車を使わせたい、または結婚したので配偶者が運転する。さらには友人に車を貸し出す時に保険が適応されるかどうか確認し、場合によっては保険料が追加になってしまう事もあるでしょう。

自動車保険選びに迷ったら

たくさんの自動車保険商品が出回っている中でどの保険商品を選ぶか、これによって大きく条件が変わってくるでしょう。一昔前までは保険料というのはどこも横並びであまりさがあることはありませんでした。しかし今では自動車保険のなかでもこれだけ多くの商品が出回るようになり、各社独自のサービスで差をつけてアピールしています。
とりあえず、いろいろな保険会社の見積もりを出してみるのが一番でしょう。まずはどこの保険だとどのくらいの値段でどのようなサービスが受けられるのかと言ったことを調べることが必要です。とはいえこれではかなりの時間と労力が必要になってしまいます。インターネットでの見積もりも可能ですがそれでも一つ一つ保険の見積もりをしていては大変です。
実はこれを一度にできる方法があるのです。これを自動車保険一括見積もりサービスと言うのですが、この自動車保険一括見積もりサービスを使うとまとめていくつかの保険会社から見積もりをとってくることができます。そして、一通りの見積もり情報を集めたらどの自動車保険が最も便利でサービスが良いかなどを良くチェックして改めて保険申し込みや問い合わせをしてみましょう。

自動車保険と車保険の違い

車保険とは最近になって登場してきた自動車保険のことです。おもに元々あった保険との区別をするためにこういった呼ばれ方がされています。特に車保険の特徴は金融ビックバン以降に出てきた自動車保険で保険の内容が細かくなっていることが多いのが特徴でしょう。
最近よく見かけるのがリスク細分型自動車保険です。契約者の年齢、居住地、車種、目的を基準に保険料が設定されるのでコスト的に安くすることができます。ただし、保険対象になるものとならないものなど良く理解して納得の上で加入するようにしないと思わぬトラブルにもつながります。
また、補償拡大型自動車保険というものもあります。これは従来の自動車保険が相手に対しての補償がメインでした。つまり自分の補償は相手にしてもらう形だったのですが、この補償拡大型保険では相手の過失の有無を問わず保険金を支払われるシステムです。
さらには積み立てになっていて保険の加入期間の間に無事故であれば保険料の一部がキャッシュバックされるようなものまで出ています。
これらの新しい保険商品は今までの保険商品とはまた若干ちがったシステムになっている場合もあるので良く内容を理解して加入しましょう。

自動車保険、任意保険の必要性

自動車保険の中でも義務づけられている自賠責保険以外に任意保険に入るのが一般的になりました。というのは、自賠責保険だけでは大きな事故になった場合にまかないきれなくなってしまうことがあるからです。特に自賠責保険では他人に対する賠償部分しかカバーできないために、自分の車、事故によって壊してしまった周辺の電柱などを修理する費用などを自賠責ではカバーできません。その不足部分をカバーしてくれるのが任意保険なのです。
任意保険はおもに4種類ありますがさらに細かく言うと7種類はあります。
対人賠償保険、
対物傷害保険、
無保険車傷害保険(保険に入っていない車と事故を起こした場合も保険金を受け取れる保険です)、
搭乗者傷害保険(自分の車に乗ってる人が負傷したときの保険です)、
自損事故保険、
車両保険、
人身傷害補償保険。
初めからセットになっている任意保険を使うのも良いですが、いろいろな保険を組み合わせて自動車保険を申し込むことも可能です。
最近になって保険の自由化され、セット商品として保険が販売されるようになりました。また価格競争もすすみ消費者にとってはうれしいことです。しかし、細かい点を注意しないと実はあまり役に立たない内容になっていたりすることもあるので十分に内容を確認して自動車保険には加入するようにしましょう。

自賠責保険という自動車保険

自動車保険のなかでも自賠責保険というものがあります。自賠責保険は公道を走る全ての自動車、原動機付き自転車に加入が義務づけられているものです。そのため自賠責保険は強制保険と言った呼び方をされることもあるようです。また、もしも自賠責保険が切れていることが発覚したら罰金を支払う事になってしまうので注意が必要です。
自賠責保険の内容としては交通事故の中でも人身事故に限定されているのですが、自動車事故で相手を死傷させてしまった場合、被保険者が死傷した場合に保険金が受け取れる仕組みになっています。
また、一回の事故で何台もの車、被害者が巻き込まれた場合はそれぞれの被害者に対して保険金の支払いがされます。
自賠責保険で下りる保険金の金額を調べてみると。死亡した場合に3000万円、亡くなるまでの傷害に120万円、傷害をおったときに120万円、後遺障害が残った場合に4000万円と金額的に非常に物足りないものを感じるでしょう。また、自賠責保険の規定で保険金が思ったほど下りないと言ったことにもなってきます。そうならないためにもやはり自賠責保険だけではなく任意保険にも加入しておくのが妥当でしょう。

自動車保険の基礎

交通事故を起こしたときの被害者救済と加害者側の金銭負担を援助するのが自動車保険サービスです。被害者側の車の修理費、医療費、さらにそのほか財物などの損害などと加害者側が賠償する金額は相当なものです。
自動車保険には主に二つの種類があります。任意保険と呼ばれるものと自賠責保険と呼ばれるものです。自賠責保険に関する解説は必要ないでしょう。こちらの保険は車を所有する上で必ず入らなくてはならない保険になります。しかし、そのカバーするエリアは非常に狭いものになっています。そこで自賠責ではカバーしきれない部分をカバーするのが任意保険と呼ばれている自動車保険なのです。
さらにその任意保険もさらに細かく4つに分類できます。
1,対人賠償保険
2,対物賠償保険
3,人身傷害保険
4,車両保険
上から被害者に対しての対人賠償保険、被害者の車・財物に対しての対物賠償保険、自身の乗っている車の同乗者に対しての人身傷害保険、自分の車の修理費用などを援助してくれる車両保険となっています。
これらを組み合わせておくことで万一の時に安心できる保険内容にすることができます。今では細かい部分にまで自分に合わせて設定できるような保険商品も出ているので是非、自分に合った保険を探してみると良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。