女性向けの保険

女性保険は、簡単に言うと、通常の医療保険に女性特有の病気の保障を足したものです。女性保険の中には、通常の医療保険に女性疾病の特約をつけることで、女性特有の病気にかかったときには、通常の医療保険よりも手厚い保障を受けられるという商品もあります。

女性保険で保障される保障内容は基本的に、通常の医療保険の保障範囲である入院給付金と手術給付金のほかに、女性保険の保障範囲である、女性特定の病気によって入院した時に支払われる女性特定疾病入院給付金と、女性特定の病気による手術を受けたときに支払われる女性特定疾病手術給付金を受け取ることができます。

女性保険は、その保険商品によって、基本的な女性保険の保障内容に加えて、さらに、死亡保険金や通院給付金、退院給付金やボーナス給付金などの保障がついていたり、希望によって、そういう保障を付けられるものもあり、その種類はさまざまです。

女性保険に限らず、保険商品にはその商品ごとに保障の範囲がいろいろありますので、自分にはどんな保障が必要で、どの保障は必要ないかということをよく検討したうえで、保険商品を選んだ方が良いでしょう。自分が良いかなと思う、何社かの女性保険の資料を見比べてから決めるのも良い方法だと思います。

子供のための保険


子供保険に加入する時期としては、子供保険に加入すると決めたら、できるだけ早いほうがお得となります。子供保険は貯蓄が目的なので、加入時期が早ければ早いほど、毎月の保険料も軽減できるし、返戻率も良くなります。

現在の子供保険の加入時期の割合は=0歳時加入=がもっとも多くなってきています。最近の子供保険では、出生前加入と呼ばれる、子供が産まれる前から加入できるタイプ(各保険会社によって加入条件はあります)もあります。

子供が産まれてからでは子育てなどに忙しくなり、ゆっくりと検討できなくなり「そのうち、そのうち・・・」となりがちな親御さんも多いようなのですが、加入する、しないは別として、子供が産まれる前から子供保険について検討してあげましょう

現在の子供保険は各保険会社によって内容はいろいろなので、子供(被保険者)の加入年齢が何歳まで加入できるかは一定ではありません。なかには、親(契約者)の加入年齢が制限されている商品もあるようです。(契約者)といえば親がほとんどですが、おじいちゃんやおばあちゃんを(契約者)として考えている方もいるようなので、加入の際には確認が必要でしょう。

入院保険

短期の入院や定期的な通院にも安心な保険が入院保険です。この入院保険とは,医療保険に
いろいろな特約などを加えたもののことを入院保険と呼んでいます。
入院保険には,怪我だけを保障としたものから病気と怪我を保障とするものまで色々なものが
あって,医療保険に組み合わせる特約の内容によって色々な内容の入院保険があります。
入院保険で,病気による入院の場合の給付金を受け取る時には,継続して8日以上入院している
ことが条件となります。怪我による入院の場合に給付金を受け取る時には,基本的には5日以上
の入院が条件となっています。入院保険の給付金は,一般的に入院した1日目から受け取ること
ができるようになっています。
最近の入院保険では,がんの保障に重点をおいたものや女性特有の病気にスポットを当てている
入院保険なども増えています。また,入院保険の中には,入院保険の契約期間中に給付金の支給
がないまま満期をむかえた時に,満期給付金を受け取ることができる入院保険まで出て来ている
ので,そのような入院保険を選ぶと掛け捨てでなく便利です。
また,一泊二日の短期の入院も保障してくれる入院保険も増えているので,備えとして入院保険
に加入しておくことは,これからの暮らしの安心となるでしょう。

がん保険

「がん」という特定の病気に関しての補償が,さまざまな角度から充実している保険が,
がん保険です。
このがん保険にはいろいろな特徴があります。まず,がん保険というものは,最初に一時金と
呼ばれるまとまったお金が出ます。これは,がんであると医師に診断された場合や入院をした
場合などに,比較的早い段階で,がん保険により一時金を支給することによって,がん保険の
被保険者に,健康保険の対象外の先進医療や民間医療などを選ぶ余裕を持たせることができる
ようになっているのです。
がん保険の給付金は,入退院をくり返しても支払われるということも,がん保険の特徴です。
がん保険では,支払いの限度日数が設けられていません。つまり,がんで入院をした場合には,
入院した日数の給付金を受け取ることができるので,長期の入院や入退院をくり返す時にも
安心の保障となっています。
がん保険の加入の対象となるのは,初めてがんにかかった人なので,既にがんだと診断された
ことがある人はがん保険に加入することはできません。また,3ケ月ほどの待機期間がある場合
が多いので,この間にがんだとわかった場合にはがん保険の加入が無効になってしまうので
注意が必要です。

簡易保険

簡易保険とは,別名で「かんぽ」と呼ばれることも多い,生命保険のことです。この簡易保険は
日本郵政公社が運営している生命保険で,正しくは簡易生命保険事業という名前です。
この簡易保険の特徴というのは,通常の生命保険のように加入に際した医師の診断や職業上の
制約などが設けられていないことです。また,簡易保険に加入する時の申込みは,郵便局で
あれば申込みが可能なので,とても身近で便利な保険として愛されています。
簡易保険は,とてもしくみがシンプルに出来ていて,簡単に使える保険として親しまれて
います。上記にも書いた通り,簡易保険ではどのような職業の人でも加入をすることができる
ので,スタントマンなどの危険の伴う職業の人でも加入することができるようになっています。
また,簡易保険は70才まで加入することができ,簡易保険の被保険者が死亡した場合には,
死亡保険とさらに同額の保険金まで受け取ることができます。
現在では,簡易保険の保険内容もかなり整備されていて,民間の保険会社とかわらないくらい
さまざまな内容の保険が充実していて,養老保険や学資保険,終身保険や年金保険など,
自分に合う内容の簡易保険を選ぶことができます。

『生命保険』

色々な保険がありますが,その中でも生命保険とはその名の通り人に対してかける保険です。
病気や怪我や事故などによって傷害を負ったり入院したりまた死亡した時などの
万が一の時のためにかけるものが,生命保険です。
生命保険の中にも色々な種類があり,『定期保険』『養老保険』『終身保険』などの
種類の生命保険があります。最近では学資保険やがん保険という生命保険もあります。
このような生命保険は,払ってきた総金額に関係なく,契約をした金額を受け取る事ができる
ためとても安心な保険です。
定期保険という生命保険の場合は期間が決められておりその期間内にひどい傷害を負う,
もしくは死亡した場合の遺族への保障が主な目的です。この生命保険は掛け捨てです。
終身保険という生命保険は保障期間が一生涯続きます。被保険者が死亡した場合に遺族保障
として使われます。この生命保険については解約すれば解約払い戻し金が戻ります。
養老保険という生命保険は期間が決められていますが,満期になった時点で被保険者が
生存していたら満期保険料という保険金と同じ額が支払われる形の生命保険になっています。
どの生命保険についても,いざという時に困ることのないように予め自分に合った生命保険に
加入しておくことが大切です。

生命保険以外の死亡保障

生命保険に入っていない場合でも死亡保障を受ける方法はいくつかあります。その中でも一般的なのが遺族年金です。これは国民年金によって支払われる保証金です。最近は年金というと評判が悪い印象です。しかし、年金保険ほど安心感のある保険はそうそう無いはずです。しかも年金保険によって死亡保障まで受けられるのならば、十分に保険料を納めるだけの価値があるとは思えないでしょうか?しかしこれには注意が必要です。配偶者や子供がいる場合でも末っ子が18歳になればその年度末に至急が打ち切られます。つまり子供がいない場合には配偶者がいても受け取れないし、配偶者が先立っていても受け取ることはできなくなってしまいます。
サラリーマンの場合だと国民年金に加えて厚生年金も加入しています。遺族厚生年金というのがあり、子供がいなくても独身だったとしても受け取れます。また、サラリーマンの配偶者が死亡した場合は条件があり年収が850万円以下の場合には支給されます。もちろんですが、再婚した場合は支給は打ち切られます。
これは会社によって違うのですがサラリーマンの場合は退職金と同じく死亡した場合も死亡退職金が支払われます。
また、住宅ローンが残っている場合も困ってしまいますよね。だいたいの場合はローンを組むときに団体信用保険というものに加入しているのでもしも死亡しても残りのローンは保険で支払われるので安心です。
自身で現在の状態だとどれだけの補償が受けられるようになっているのかを十分に確認して生命保険にはいるかどうか検討しましょう。

定期保険と貯金の割合

定期保険は確かに柔軟な対応が可能です。しかし、その一方で忘れてはいけないのが定期保険は掛け捨てだと言うことです。つまり定期保険では保険料も積み立てのタイプより小さくすみますがその分掛け捨てなので満期以降は戻ってくることがないのです。
そこで提案したいのが定期保険に加入し、余ったお金を貯金することで独自に積み立てをしてしまおうと言うことです。もちろんその積み立ては貯金でも構いませんし投資信託などで運用するのも良いかもしれません。ただし、投資をするのであれば自己の責任になってしまうのはもちろんですがリスクを背負わなくてはいけないと言うことは理解しておきましょう。
では、その定期保険と貯金(まあ、一般的な形で今回は貯金として考えます。)の比率をどうするかと言うことが重要になるのではないでしょうか。子供がいる場合は子供の教育費と家族の分の生活費、そして貴方自身の葬儀の費用も計算に入れることになるでしょう。しかし考えてみると子供の養育費は間違いなく必要でしょう。しかし配偶者の分の生活費というのはどうでしょうか?貴方自身が死亡したあとに再婚をするかもしれません。そうでないとしてもパートなどである程度の生活をすることは可能でしょう。そう考えればある程度の補償額でも十分生活は可能だと思いませんか?
むしろ、こうして切り詰めた残りを貯金に割り当てて行くなり投資をすることで豊かな生活を目指す方が自然な形といえるのではないでしょうか?

生命保険

生命保険とは将来に自分自身が身体的に障害などを受けてしまった場合の経済的なカバーを目的とした保険です。生命保険は非常に高額なものです。一般の人にとっては持ち家の次に高い商品とまで言われています。ですが、その内容は複雑で良く内容を理解できないままに保険の勧誘員などに勧められて契約している方がおおいのではないでしょうか。
社会人になったら保険は入るもの。生命保険は家族への愛の証。などと言った形で勧誘された方も多いかと思いますが、これらの言葉を真に受けてしまってはいけません。
生命保険に入らなくても実は私たちにはいくつかの保険に自動的に加入しているのです。それらのサービスだけでも十分なサービスが受けられる可能性があります。
しかし、そうはいっても最近ではこれだけで十分な金額が受け取れるとは限りません、今の現状を把握し時によっては生命保険への加入も検討するべきかも知れません。
そのときに必要なのが実際の見積もりでしょう。実際に自分が死んだあとにどれだけのお金が生活に必要なのか、子供の養育にはどの程度の費用がかかってくるのかなどと言ったことです。そう考えていくとやはり最も柔軟に対応できる保険は掛け捨てタイプの定期保険と言うことになってくるのではないでしょうか。

死亡保険

死亡保険の中でもいくつかの種類があります。その中でも一般的なのが掛け捨て保険などとも呼ばれている定期保険と言うタイプです。そのほか貯蓄性のある終身保険、定期保険と終身保険が特定の条件でバランス良く配置されているもの、がいくつかあります。しかし終身保険はある意味で機動性が悪くインフレへの適正などが悪いためにメリットを生かし切れない部分があります。ほかにもファンドで保険料の運用をする変額保険、保険料の一部が耳立てになり満期時に受け取れる養老保険などいくつか新しい保険のタイプが出てきました。しかし、基本となるのはやはり定期保険でしょう。
定期保険は期間中に死亡した場合にのみ保険金が下りる仕組みです。保険料は年齢が上がるほど高くなりますが保険金額あたりの掛け金は少なくなります。気になるのはどんなに高い保険料だったとしても掛け捨てになってしまう点でしょうが、これは安心を買うものだと思って割り切るべきでしょう。
一方で死亡保障がいつ死亡しても下りる、つまり満期以降でも保険金が受け取れるのが終身保険と呼ばれるタイプです。さらに解約すると解約返還金があります。しかしその分保険料が割高に設定されています。また、長期契約になるためにインフレへの対応ができず現在のままでは予定利率が低いので貯蓄性もあまり期待できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。